女性に限らず男性にも気になる白髪、そもそも白髪はどのようにしてなるのでしょう。

人の髪の毛は毛根で作られており、作られたばかりの髪の毛は実は白いのです。その白い髪の毛に日本人なら黒色、欧米人なら金色やブロンド色といった色がメラニン色素によって着色されていきます。メラニン色素は色素細胞のメラノサイトで生成されており、このメラノサイトが正常な働きをしているうちはメラニン色素によって着色されるのですが、加齢やストレスなどによりメラノサイトの働きが衰えると、着色作業は正常な働きが出来なくなりその結果白髪が生えるのです。

実は加齢が原因というだけで白髪が生えるというのは不足した情報で、現代人は様々な場面でストレスを抱えていることが多く、生活習慣も多岐に渡っています。人それぞれのライフスタイルがメラノサイトの働きを衰えさせる一つの原因となり、20代30代の若年層にも白髪が生えているといった現実を生み出しているのです。

ストレスが原因の白髪は発散することで緩和することが出来ます。慢性的にストレスを受け続けると、血管が収縮している状態となるため、血液の循環が悪くなり抜け毛などの原因にもなります。常日頃から体を動かすなどして血液の循環率を上げて、ストレスを少しでも発散することをお勧めします。

また、白髪を隠す方法として白髪染めがありますが、いくつか種類があることとそれぞれ特徴があることを紹介します。

まずはヘアカラータイプですが、これは市販のものですと白髪に着色するだけでなく、元々の黒髪にも着色されるので、全体的なカラーチェンジが出来るという特徴があります。

様々な色のヘアカラーがありますので、お好みで選べる楽しさもあります。

ヘアマニキュアタイプですと、髪へのダメージが少なくほんのりと髪の表面にカラーを浸透させる特徴があります。ヘアカラーには必要なパッチテストも必要ありません。

他にはトリートメントタイプです。これは毎日のトリートメントで徐々に白髪に着色していくもので、天然の染料成分が配合されているのが特徴です。

このように体質や方法に合わせて白髪染めを選ぶことが、髪へのダメージや肌荒れを回避することになるため大切なことと言えるでしょう。